Japan

Kishida to visit Cambodia, Indonesia and Thailand for international meetings

Prime Minister Fumio Kishida said Monday he plans to visit three Southeast Asian nations starting later this week to attend…

Read More »

Astros top Phillies in Game 5 thriller to move to brink of World Series title

Houston Astros rookie Jeremy Pena had a home run and a run-scoring single and star pitcher Justin Verlander battled through…

Read More »

U.N., Turkey and Ukraine press ahead with Black Sea grain deal despite Russian pullout

KYIV/NEW YORK – The United Nations, Turkey and Ukraine pressed ahead to implement a Black Sea grain deal and agreed…

Read More »

We try Kaldi’s microwavable Omelet Rice to find out if it really cooks that easily【SoraKitchen】

Omurice in just five minutes? We had to try it. Kaldi Coffee is a food shop that sells many things–coffee,…

Read More »

あの人気限定キーボードを定番化–HHKB「雪」モデルをPFUダイレクト限定で

 PFUは10月25日、2021年にPFU、25周年記念モデルとして数量限定販売していた「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」と「キートップセット(雪)無刻印」について、新たなデザインを採用し、PFUダイレクト限定モデルとして販売を開始した。  2021年に販売したHHKB雪モデルは、国内では1カ月で完売。雪モデル販売後は、若年層や女性のユーザー登録比率が拡大したほか、再販の要望が多くあったという。  それから1年、新たに販売するキーボードおよび、キートップセットは、中央印字デザインのキーを採用した。さらに、フラッグシップの証である「HHKB Professional HYBRID Type-S」を筐体に印字している。  また、英語配列・日本語配列のそれぞれに、無刻印モデルをラインアップしており、“純白のHHKB”も選べる。  オプションとなるキートップセットでは、英語配列(刻印・無刻印)、日本語配列(刻印・無刻印)の4つをラインアップに追加する。キートップセットは、Professionalシリーズのキーボードすべてにとりつけ可能。  同社によると、HHKB Professional HYBRID Type-S 雪は、テレワークの拡大により、プログラマーやエンジニアだけでなく、ライターやビジネスマンへもユーザー層が広がった過程で、ユーザーからの要望により生まれた製品になるという。  今回、毎日使うものだから見た目にもこだわりたいというファッション性や、ミニマルさを重視する人にも愛用してもらうため、より一層デザインにこだわったとしている。  PFUダイレクトでの販売価格は、英語配列・日本語配列(刻印・無刻印)の4モデル共に3万6850円(税込)。キートップセットは、6600円(税込)。 Share…

Read More »

Yen surges amid signals Japan intervened again in FX market

The yen soared the most against the dollar since March 2020 as Nikkei reported Japanese authorities intervened again to prop…

Read More »

オランダ警察、ランサムウェア攻撃グループを欺き復号鍵の入手に成功

 オランダの警察が、ランサムウェア攻撃グループを欺いて復号鍵を引き渡させることに成功し、被害者は、身代金を払うことなくデータの暗号を解除できることになった。 提供:Getty  オランダ国家警察(DNP)は、同国のサイバーセキュリティ企業Responders.NUと協力して、ランサムウェア攻撃グループのDeadboltから150以上の復号鍵を入手した。  復号鍵は現在、捜査機関の管理下にあり、被害者は、サイバー犯罪者に対価を払うことなく、暗号化されているファイルとサーバーを取り戻せることになった。  DNPによると、Deadboltのランサムウェア攻撃はNAS(ネットワークアタッチトストレージ)を標的にしているという。QNAP SystemsとASUSTOR製の機器が全世界で2万台以上暗号化されており、そのうち少なくとも1000台はオランダ国内にあるという。  DNPがDeadboltを欺いた方法は、復号鍵の対価をビットコインで支払い、復号鍵を受け取ってからその支払いを取り消すというものだった。被害者を救済するための復号鍵を警察とサイバーセキュリティ調査チームに渡したDeadboltに、支払われたビットコインは渡らなかった。  DNPはこの作戦を、サイバー犯罪者には「いやな一撃」だとし、サイバー犯罪者が「国際的な法執行当局から見張られている」こと、「犯罪で得た稼ぎを動かそうとすれば必ずリスクがある」ことを示していると述べた。  今回、DNPは150以上の復号鍵を入手し、法執行当局に通報していたDeadboltの被害者の90%近くが、身代金を払うことなくファイルを取り戻せた。DNPは、ランサムウェア攻撃の被害者に、名乗り出て助けを求めるよう促している。  DNPのサイバー犯罪チームのMatthijs Jaspers氏は次のように述べている。「今回の行動がはっきり示しているのは、通報が有効だということだ。ランサムウェアを通報した被害者が優先的に救済された。通報していた被害者の復号鍵は、ランサムウェア攻撃グループがパニックに襲われる前に真っ先に確保されたのだ」  Jaspers氏は続けて「世界各国の被害者に加えて、届け出ていたオランダの被害者については、全員分の鍵を入手してその日の夜に連絡できた」と述べている。  今回の行動は、Responders.NUから内密の情報を得て実施されたもので、警察の複数の部門が連携した。  また、オランダ検察庁、欧州刑事警察機構(Europol)、フランスの国家警察や国家憲兵隊なども協力した。 この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料) Share…

Read More »

Fried chicken sleeping bags to be awarded to 500 lucky Mos Burger customers

Savory dreams are made of this. What’s the first thing you think of when you hear the name of Japanese…

Read More »

普及の先に見据えるスマートシティ–不動産テック協会が語る「不動産オープンID」の意義

 CNET Japan主催「不動産テックオンラインカンファレンス2022 スマートな住まいや街がもたらす暮らしのイノベーション」の9月2日のセッションに、「不動産オープンID」を運用する不動産テック協会が登場。代表理事でライナフ 代表取締役の滝沢潔氏、理事でハッチ・ワーク 代表取締役社長の増田知平氏、ゲストのOpen Street 取締役の佐藤壮氏の3名が、スマートシティを視野に入れた不動産情報活用の未来について語った。 (左上)Open Street 取締役 佐藤壮氏、(左下)不動産テック協会 代表理事・ライナフ 代表取締役の滝沢潔氏、(右上)CNET Japan 編集長 藤井涼、(右下)不動産テック協会 理事・ハッチ・ワーク 代表取締役社長 増田知平氏  不動産テック協会は、不動産とテクノロジーの融合を掲げ、不動産×ITを推進するために行政への提言や調査、関連団体との連携などの活動をしている業界団体で、現在約120社が入会している。具体的な活動として、これまで「不動産共通ID」として運用してきた「不動産オープンID」の運用、ビジネスマッチング、Fintechとの連携、業界カオスマップの作成などを行っている。…

Read More »

EV充電インフラ整備でつなぐ「グリーンロード」–プラゴと自治体が新たな観光人流の創出に挑む

 8月30日から2週にわたり開催されたCNET Japan 「不動産テックオンラインカンファレンス2022 スマートな住まいや街がもたらす暮らしのイノベーション」の9月7日のセッションでは、独自のアプローチで電気自動車(EV)充電サービスを提供するプラゴの代表取締役 CEO 大川直樹氏が登場。「EV充電インフラで観光人流を創出する新しいまちづくり グリーンロードプロジェクトの取り組み」と題してプレゼンを行った。 (右下)プラゴ 代表取締役 CEO 大川直樹氏、(左上)CNET Japan編集部 藤代格  プラゴは、EVの充電インフラの整備を軸とした事業を展開している。整備を進める際には、単に充電器を売るだけでなく、アプリを用いたユーザー体験の設計、再生可能エネルギー(再エネ)の活用による環境負荷の低減、充電器を設置する際の景観への配慮、そして当セッションのテーマにつながる人流創出による地域活性化など、さまざまな取り組みも併せて行う。  「ただ単に充電器が足りないからたくさん設置しましょうという事ではなく、充電を通じた新しい体験を創ることで、EVに乗って良かったという経験、体験を提供していく。結果として電気自動車を選択する人を増やして、サステナブルな社会を実現していくことに貢献できるという仮説の元で事業を進めている」と、大川氏は自社の活動を説明する。  同社が解決を目指す社会課題は大きく3つ。1つ目は、充電器が足りていない問題である。その際、数と並行して質の問題も検討していく。例えば現在、自宅で充電ができないEVユーザーが多いなどピンポイントの課題も多いため、「場所の立地戦略を含め、数を追うだけではたどり着けない部分でのデザイン戦略が必要」と大川氏は訴える。  2つ目は、新たに普及していく社会インフラとして、サービスやプロダクトのデザインをどうするか。大量に設置される充電器が視覚的なノイズとならないようにする景観問題や、UX(ユーザー体験)をどう高めていくかに対応していく。 充電の予約や充電中のレコメンド機能など前後の体験も提供  そして3つ目は、設置する施設や地域がそもそもEVインフラを整備する動機が持てていないという問題である。現在は国から補助金が出るようになっているが、まだ設置側の動機としては不十分なため、それ以外のメリットをどう作っていくかも考えなければならない。プラゴは、EVユーザーと設置する施設、地域をつなぐ充電体験の創造を提供しており、そのノウハウをコアバリューとしている。  「私たちのサービス戦略としては、充電器としての機能だけではなく、充電前の予約やサービスのレコメンドなど前後の体験も提供していく形となっている。充電の全てが再生可能エネルギーなので、再エネ充電でエシカル消費も体験できる。充電中、充電後はクーポンを出して商品につなげたり、二次交通と連携させたりすることなどによって、充電時間をデザインしていく。それらをトータルで価値提供する」(大川氏)…

Read More »
Back to top button
Close