Japan

日本HP、新年度事業戦略を発表–Windows 11で「買い換えサイクル短縮を期待」

 日本HPは1月20日、新年度の事業戦略を披露する記者説明会を開催した。2021年11月に本社を東京都港区へ移転し、同月1日付けで同社代表取締役 社長執行役員に就任した岡戸伸樹氏は、「今年寅年は4回目の年男。『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の気持ちを持ち、リスクを取った大胆な施策で果敢にチャレンジして、第二の創業という思いで新しい日本HPを作り上げていきたい」と意気込みを語った。 「コロナ禍を経てPCは必需品」  米本社の社内分析によれば、2024年までにPC市場は3.4%増で成長し、市場規模は64.4兆円に達すると予測している。この数値は同社がコロナ禍前の2019年に実施した分析結果の1.5倍におよぶ。 日本HP 代表取締役 社長執行役員 岡戸伸樹氏  岡戸氏は「(われわれにとってPCは)売り上げの7割を占める市場。コロナ禍を経てPCは必需品となり、普及率の増加やWindows 11による買い換えサイクルの短縮が期待できる」とPC市場を捉えている。  同社は主にPCを扱うパーソナルシステムズ事業、3Dプリンターなどによるプリンティング事業、保守やセキュリティサービスが中心のサービス・ソリューション事業を主軸としている。新年度はプリンティング事業で「デジタルプレス」「3Dプリンティング」、パーソナルシステムズ事業では「ゲーミング」、サービス・ソリューション事業と連携した「ハイブリッドワーク」に注力する。 「HoloLens 2」活用の印刷業界向け保守サービスは5月から  デジタルプレスは「HP Indigo」シリーズを中核に、商業印刷やラベル&パッケージ印刷など商業利用可能な製品群の拡充を図る。再生工程を経て認定されたIndigo認定中古機を販売する「Certified Pre-Owned(CPO)」について岡戸氏は「初期費用を最大半額程度に抑えた導入のしやすさが特徴」だと主張した。  印刷事業を手掛けるウイル・コーポレーション(石川県白山市)のデジタル輪転印刷機「HP PageWide Web Press」導入事例を披露しながら、岡戸氏は「昨年より掲げている成長と付加価値の戦略を継続する。成長の軸ではアナログからデジタル化の移行を推進し、付加価値の軸では持続可能社会への貢献を目指す」と概略を説明した。…

Read More »

U.K.’s Johnson, facing plot to oust him, says he will not resign

London – British Prime Minister Boris Johnson, fighting to save his premiership amid a storm over a series of lockdown…

Read More »

Meet the Japanese grandma who manually operates vending machines in the countryside

A unique place where there really is a person inside the machine.  In Japan, dagashiya are old-school candy stores stocked…

Read More »

「Second Life」創設者が語る元祖メタバース再興の道

 メタバースは新しい概念ではない。これは1992年にSF作家のNeal Stephenson氏が生み出したアイデアであり、20年近く前からすでに、仮想空間で暮らし、仮想通貨を使って仮想商店で買い物をする人々はいた。 提供:Linden Lab  当時、多くの人が訪れていた仮想空間が「Second Life」だ。そして今、メタバースが再び流行語となると、Second Lifeの創設者Philip Rosedale氏は元祖メタバースの進化を中核チームに指示した。Second Lifeのようなコミュニティー中心の世界を作ることが、仮想現実(VR)ヘッドセットが(現時点では)必ずしも解決していないメタバースの問題を部分的に解決する方法になる――Rosedale氏はそう考えている。  Rosedale氏はSecond Lifeを生み出した後、2013年に仲間とHigh Fidelityを立ち上げ、低レイテンシーのハイエンドVRの実現に取り組んだ。もっとも、ここ数年はVR以外の技術に軸足を移し、最近は空間オーディオに力を入れている。同氏は2019年、VRヘッドセットは多くの人が使いたいと思うような形には達していないとの見解を投稿した。筆者は先日、「Google Meet」で同氏と話す機会を得た。同氏は、今もその感覚は変わっていないと述べ、VRヘッドセットはごく一部の人だけが快適に使用できる、現実世界の目くらましにすぎないと語った。  Rosedale氏は、VRヘッドセットが「iPhone」並みにブレイクする日は来るかもしれないが、少なくとも数年はかかるため、それまではヘッドセット不要のメタバース、つまりSecond Lifeに重点を移すという。こう考えているのは同氏だけではない。SpatialをはじめとするVR・拡張現実(AR)ソフトウェア会社も、多くのユーザーを獲得するために、最近はVRヘッドセット以外の方法に目を向けている。メタバースをめぐるMicrosoftやMeta(旧Facebook)の最近の動きからも分かるように、さまざまな意味で、仮想世界はクロスプラットフォーム化を目指している。 提供:Linden Lab  Rosedale氏は、Second Lifeの「戦略的アドバイザー」に就任する。同氏の会社、High FidelityはSecond…

Read More »

Cherry blossoms set to bloom even earlier in Japan this year

Now that we’re past the Dec 22 winter solstice here in Japan, the days are gradually becoming longer, carrying us gently…

Read More »

Japan on alert as tsunami waves reach coast following Tonga eruption

A tsunami caused by a massive underwater volcanic eruption near Tonga reached Japan’s coast late Saturday and early Sunday, with…

Read More »

English for otaku – New book provides fans with skills to internationalize their oshikatsu

Because the Japanese school system isn’t going to teach them how to say “The set list is lit!” If you’re…

Read More »

バルミューダ、「BALMUDA Phone」の販売を再開–1月14日から

 バルミューダとソフトバンクは1月13日、1月7日から販売を停止していた5Gスマートフォン「BALMUDA Phone(バルミューダ フォン)」の販売を、1月14日から再開すると発表した。  販売停止処置については、製造委託先である京セラからの報告により、技術基準適合証明の認証について確認すべき事項があることがわかったことが原因。具体的には、一部の周波数帯域で干渉ノイズが許容値を超える可能性があることが判明したという。  今回、ソフトバンク販売モデル(A101BM)、SIMフリーモデル(X01A)の修正ソフトウェアが用意できたことから、配信開始となる1月14日に修正ソフトウェアを適用した上で販売を再開することになった。  更新後のソフトウェアバージョン(ビルド番号)は、ソフトバンク販売モデル(A101BM)が「1.032PO」、SIMフリーモデル(X01A)が「1.032MI」となる。  なお、既に所有するユーザーに対しては、ソフトウェア更新がバックグラウンドで自動的に行われるという(手動更新にも対応)。ダウンロードが完了すると、更新するために再起動を促す通知が表示され、再起動が完了するとソフトウェアが最新の状態になる。  ソフトウェアのサイズは、利用中のソフトウェアバージョンにより異なり、約39~100MBになる。ソフトウェア更新の完了まで、最大20分程度かかる場合があるほか、更新中は、発着信を含む各機能は利用できない。緊急通報(110番、118番、119番)の利用もできないため注意したい。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source Times News…

Read More »

Japan’s daily COVID-19 cases top 10,000 for first time in four months

Japan’s daily count of coronavirus cases exceeded 10,000 on Wednesday for the first time in over four months, as a…

Read More »

Japan’s number-one cosplayer Enako shows us her cosplay costume room【Video】

A room so huge it’s more like a warehouse. For a lot of cosplayers, earning a steady income from cosplaying…

Read More »
Back to top button
Close